弔電例文 弔電打ち方

弔電

弔電とは、突然の訃報に対し
事情があってどうしても通夜
葬儀に参列できない場合、
弔電を打って、お悔やみの
気持ちを伝えるものです。
弔電の宛先は遺族宅へ打ち
ますが、直接通夜や告別式
が行われる会場へ打つ場合
もあります。
弔電を打つ時にあわてない、
弔電の送り方をまとめて
みました。
弔電の宛名は喪主ですが、誰が喪主か分からない時は、
「故○○様ご遺族様」とし弔電を打ちます。
差出人はフルネーム入れて打つのがマナーです。
弔電がたくさん集まるような場合は、居住地、所属する
会社や団体名をつけるとわかりやすいでしょう。

また、弔電の文末に差出人の名前を入れますが、受け取る
側とどんな関係で誰から届いた電報なのかが判別できる
ようにします。
弔電は個人からのなのか判別するため、連名、団体名、住所や
電話番号などを入れ弔電を打ちます。
葬儀に行けないとき、訃報の知らせを受けたけれど仕事で
抜けられないときなどは、電話で お悔やみの気持ちを伝え
たり弔電を打ちましょう、これがマナーです。
| 弔電

弔電はこんな場合でも送ります

弔電を送る場合この様な時
とり急ぎ弔電を打ちます。
夫が仕事の関係で出張中、
上司の訃報が入った時。

弔電だけを打っておいて後日
夫だけがお参りに伺うという
方法もあります。

この場合、妻が通夜、葬儀に
代理で出席します。
だれの代理で来たのかあいさつして、
香典を渡してから記帳します。

弔電は、また携帯(NTTドコモ)からが打てますし
郵便局のレタックスで弔電を午後3時頃までに申し
込めば、その日のうちに届きます。
| 弔電

弔電 NTT

弔電の申し込むには祝電
と同じで、局番なしの
「115」やNTTの支店、
営業所、郵便局でも受け
付けています。
弔電は公衆電話からも申し
込めますので訃報を聞い
たら葬儀、告別式の前日
までになるべく届くよう
に申し込んでください。
弔電は午前8時〜午後7時
→当日中に配達。
午後7時〜午後10時 →翌朝8時以降に配達。
また緊急定文電報の夜間配達の場合は 午後7時〜午後10時
→当日中に配達。
・緊急定文電報料340円(税込357円)がかかります。
午後10時〜午前6時 →午前6時〜午前8時に配達。
この場合は、緊急定文電報料340円(税込357円)に加えて
夜間配達料2,000円(税込2,100円)がかかりますので
注意をしてください。
NTT東日本 D-Mail
NTT西日本 D-Mail
弔電に限らず電報は、NTT東西どちらでも全国に届きます。
| 弔電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。